小さなインターネットと、大きなインターネットのこと

先日、いつものように漫然とインターネットをしていると(漫然とインターネットをするのはよくない)、興味深い投稿を見かけた。詳細は忘れたが、何か論議を呼ぶツイートがバズっていて、その投稿を開いてみるとツイートの投稿者が(比較的初期に)リツイートしたらしい人に

フォロー外から勝手にリツイートすんなや

とリプライしていたのである。

「この人には、フォロー外からリツイートするのはマナー違反」という規範があるんだ! いにしえのインターネットには「直リンク(トップページではなく、コンテンツのページに直接リンクすること)厳禁」という謎マナーがあったが、FF外リツイート禁止はこれに近いように思う。

スケールと公共化

バズったツイートを見ると思うのは、ある程度のオーディエンスを集めたツイートは公共化する、ということだ。ある程度以上共有されたツイートには多数のリプライが寄せられるが、これらのリプライはもはや投稿者へ向けたメッセージなどではない。そこにあるのはYahoo!ニュースのコメント欄のような、投稿を見た感想であったり、批判であったり、似たような体験談であったりするが、それらのコメントのターゲットは投稿者ではなく、同じようにコメントを見ている他者であるように感じられる。

逆にいうと、バズっていないツイートはある程度私的な空間で共有されている。予想されうるオーディエンス(≒フォロワー)の反応はある程度推測可能であり、倫理観やミームが共有されており、内輪ネタがウケうる下地が存在する。そして、この小さなインターネットに向けて発信されていた投稿は、バズったとき突然、シームレスかつ徹底的に、大きなインターネットで公共化される。

共有されたところでネットワーク全体がある種の性質を持っている場合(多くのSNSの初期や、内輪のみによるDiscordなど)はいい。巨大なSNSは残念ながらそうではなく、拡散された先には膨大な数の予測不能なオーディエンスが存在する。

中国の例

※追記(2021/02/16)


ある程度以上拡散されるとネットの言説も公共性をもつ、ということに関して、中国で次のような法的判断があるようだ。

网络谣言转发超500次 可构成诽谤罪

中国語はサッパリなので自動翻訳と雰囲気からだいたいのところを類推すると、どうもこれは中国の最高人民法院及び最高検察院から発表された法律判断で、

  • 誹謗中傷のメッセージの閲覧回数が5000回、あるいは500转发(Weiboにおけるリツイート)を超えた場合、重大性があるものとして名誉毀損罪の構成要件とすることができる

ということらしい。政府がことの重大性をしきい値によって厳密に数字で定義し、市民は「500RTを超えそうなら投稿を消す」ことで自衛する、というのはなかなかに面白い状況である。

ダンバー数

人類学者が使う用語にダンバー数がある。これは、人間が安定的な社会関係を維持できるとされる人数の認知的な上限、で、要は交流をとる知り合いの典型的な数(の上限)、と考えてよさそうなものである。100とも150とも300ともいわれるこの数は、オーダーとしては個々人をそれぞれ個人と識別してやり取りしている人数の、直観的な数と一致するように思う。どんなにフォロワーが多くても個々を認識してやりとりするのは100人~200人くらい、というのはけっこう同意できる数字ではないだろうか。

ちなみにダンバー氏は現在もご存命で、最近でも電話の通話のネットワークやSNSに実際にダンバー数のような上限が存在するといった論文や、人間の脳活動と社会活動に関する論文の著者に名を連ねている。

スモール・ワールド効果

複雑ネットワークの理論を勉強すると一番最初に出てくる有名な小話に、六次の隔たりと呼ばれるものがある。これは、どんなに離れていそうな人2人を選んでも、知り合いの知り合いの……を辿っていくと、6人で繋ぐことができるという仮説である。知り合いの知り合いの……を6回やると誰でもだいたい全人類と繋がる、というのは衝撃的だが、人的ネットワークやSNSのデータによってこれはある程度実際に検証されている。
Wikipediaにはこうある:

2008年、日本国内最大のSNSコミュニティmixiについて、同社のエンジニアによってスモールワールド性の検証記事が書かれ、6人目で全体の95%以上の人数に到達できることが明らかにされた。2011年には、Facebookミラノ大学による共同調査の結果、世界中のFacebookユーザーのうち任意の2人を隔てる人の数は平均4.74人であることが発表された。

以前、「人間乱数」の記事で、人間は乱数を正常に認知できない、という内容について書いた。

xcloche.hateblo.jp

これと類似して、人間は組み合わせ爆発や大きな数も正常に認知できない、ということも言えるのではないのかという気がしている。

階層化・クラスター化され、別クラスターとのやりとりの少ない小部屋の中で認知の上限いっぱいいっぱいを相手にSNSを運用しているときに、ひょんなきっかけでバズって未知の大部屋に放り込まれてしまう――なかなか絶望的な状況ではないか?

インスタント・SNS

原理的には、インターネットに何かを投稿するというのは、全世界に向けてその情報を公開することである。ただし、実効的には、決してそうではない。投稿を見ているのは平常時はその投稿者をフォローしている100人とか1000人とかであって、全世界がそれを見ているわけではない。

フォロー外から勝手にリツイートすんなや

という反応は愚かだろうか? 実効的なオーディエンスを考えると、ぼくはこれがある意味で真っ当な反応だと考える。その投稿者をフォローしている100人とか1000人、そのフォロワーがリツイートして拡散する二次の隔たりまでが彼の想定していたSNSのオーディエンスであって、その外の人はお呼びではないのだ。

普段のSNS利用で「二次の隔たりより外の人」が介入してくることはないわけで、いくら投稿の閲覧がオープンであろうが、インターネット体験はごく私的で、クローズドなものになる。この、原理的にはオープン・実効的にはクローズドな構図の齟齬に息苦しさを感じている人は多いようで、次のような話を聞くことがしばしばある。

  • インターネットではコンテンツの辛口の批評はしにくい(関係者がエゴサーチして傷ついたり、争いが発生するため)ので、クローズドな場がほしい(あるいは、やっている)

  • 思いつきを発言しにくい

「インターネットは公共の場だから放言せずしっかり考えて発言しろ」なんてのは耳タコかつ当然で、原理的にはグローバルかもしれんが実効的にはクローズドだから、そのクローズドな場に応じた思いつきが言いたくても言えないフラストレーションがある、というのがここでの問題なのである。インターネットは公共の場だから放言せずしっかり考えて発言しろ。

このあたりの齟齬の息苦しさの受け皿が、一日で消えるしフォロワーしか見えないツイッターのフリートであったり、インスタグラムのストーリーズであったり、メモ禁止を規約に掲げるクラブハウスで、これらはインスタントであることによって実効的にオーディエンスを想定圏内に制限する自己表現・言論の空間なのかな~と、最近はボンヤリと考えている。全部やったことないけど。

あと、うまく理由を言語化できないが、いくら公開されているからといって人のfav欄を覗くのはマナー違反だと思います。