同人音声がすごいことになっている2022

「同人音声」や「音声作品」と呼ばれるメディアがある。 特殊な録音技術を使ってさも耳元で本当に囁いているかのように聞こえるのが特徴で、耳かきや散髪音などリラックスできる全年齢向け作品のほか、耳舐めをはじめとしたポルノ作品も多い。最近ではゲームやアニメといった別ジャンルから大きなIPの参入や、有名声優の起用など、話題にことかかないホットな分野である。

中にはかなり変わった作品もあり、すごいことになっているのでその一端を紹介する。

今回紹介する入門編は2つ、三途の川の渡し守に毒針で耳かきされる音声(?)と、耳なし芳一が怨霊に耳責めされてしまう音声(???)である。

1. 三途の川の渡し守に毒針で耳かきされる音声

www.dlsite.com

みなさんは「毒針耳かき」をご存知だろうか? 毒針耳かきとは、文字通り毒針で耳かきをすることである。サークル・チームランドセルを中心に複数の作品があり、さまざまな毒針が耳かきとして用いられている。

本作を聴き始めると、どうやら聞き手の〈私〉(女性)は記憶を失っていて、霧深い川に浮かぶ船の上にいることがわかる。背景には少し不気味でアンビエントな音楽と川の水音。船には優しい語り口の渡し守が乗っていて、この空間のこと、ここで〈私〉が何をすべきかを教えてくれる。そう、〈私〉がいるのは彼岸と此岸をわける川で、語り手は冥府の川の渡し守である。案内をうけているうちに、渡し守は地獄バチの毒針を取り出し、〈私〉に耳かきをはじめる。

猛毒の針を耳に入れてまさぐるのは、ひとつ間違えると死に直結する行為である。この過激な設定がどのような演出効果を生んでいるか考えてみよう。

ひとつは、究極の信頼関係である。
彼岸と此岸の境界で、生殺与奪すら含む身体のすべてのコントロールを捧げるのは、これ以上ない信頼・奉仕の表現だ。「毒針耳かきをしてもらう」事実こそが、〈私〉と囁き手の力関係・信頼関係を強力に規定する。この機能は、渡し守による「私に命を握られて、怯えたフリしてその実、喜んでいる」のセリフに象徴されている。

もうひとつが、究極的な安らぎとしての死である。
作中に、作品タイトルも意識される「もし万が一突き刺さったとしても、きっとそれは——ぐっすり眠れるから、安心して」というセリフがある。 アンビエントな音楽が流れる冥府の川のロケーションでは、むしろ死は忌むべきものとしてイメージされない。というより、優しい渡し守が案内してくれているので、「ぐっすり眠っても(死んでも)そのあと優しく導いてくれるだろうし、それもいいかな……」という、静かなタナトスの誘惑まで生じるのだ。

この作品が真に面白いのは、渡し守が彼岸と此岸の渡し守という「生と死の境界」の存在であることだ。渡し守は私に究極の安らぎ(死)を与えたい欲求と、まだ生者である私のぬくもり(生)を大切にしたいというアンビバレントな心を持っていて、毒針を手に、耳の中で〈私〉の生と死の境界をゆれ動き続けるのである。

2. 耳なし芳一が怨霊に耳責めされてしまう音声

www.dlsite.com(R18注意)

盲目の琵琶法師・芳一が平家物語を聞かせていた相手は実は平家の怨霊で、邪悪な怨霊に取り殺されるのではないかと危惧した和尚が怨霊から芳一を守るために身体中に経文を書くのだが、耳にだけ書き忘れてしまい、迎えにきた怨霊が耳を見つけて引きちぎってしまう——本作は、誰もが知る怪談「耳なし芳一」をエロ・パロディしたアホなホラー(?)作品である。

サークル「わちのぶた」は他にも姦姦蛇螺やくねくね、八尺様といった和の都市伝説や妖怪に責められる作品を発表している。

本作では、和尚が耳に経文を書き忘れたために芳一は怨霊に耳責めをされてしまい(?)、思わず勃起してしまうのだが、流石の和尚も芳一の皮に隠れた芯までには写経していない(それはそうだ)。「はて、耳をねぶったら魔羅が生えてきおったが?」と怨霊に耳だけでなく魔羅まで発見されてしまい、かくして芳一は、さんざんねぶられたあげくに耳と魔羅とを引きちぎって持ち帰られてしまう。

アホな設定なのに元ネタよりオチがスプラッタである(耳と魔羅はその後お館様に可愛がられるとのこと。ハッピーエンドだ)。

が、考えてみると、我々は音声作品を聞くとき、現実世界からの入力をシャットアウトし(ヘッドホンをつけ)、かわりにそこに別の感覚入力(音声作品)を流しこむ。この構図において我々は奇しくも芳一と同じように、耳だけを音声作品のフィクションの世界に曝してしまっている、と捉えることができる。音声作品という魔物には我々の耳しか見えていないが、かれらは耳を通して聞き手の魔羅を露出させ、さらには次なる魔物へと我々を導くのである。

さて、別世界の音が聞きたくてわざと耳に経文を書き忘れた私たちは、魔物に耳と魔羅とを持っていかれてしまってはいないだろうか?

耳舐め芳一は、音声作品というメディアについてのホラーでもあるのだ。

奇想同人音声評論誌 空耳

ほか、

  • パブロフの犬のように音でユーザーを条件づけする作品
  • ほぼ無音が6時間続く作品
  • 聴く位置をザッピングする作品
  • 左耳バイノーラル・右耳ふつうで囁かれる作品
  • 理解不能な宇宙語で囁かれたあとそれの翻訳版が流れる作品
  • 伊藤計劃『ハーモニー』の前日譚になっている作品など、構成やストーリー性に優れた作品も

……てな感じの奇想作品紹介レビューが88本と、気鋭の執筆陣による論考がいっぱい載った約300ページの同人誌『奇想同人音声評論誌 空耳』を、コミックマーケット100で頒布しました!

8/13 (土) | 東 プ- 42b

内容はこんな感じです。


表紙イラストはなるめ(@narumeNKR)さんです。

レビュー以外にも「胎内の音を流す」配信をやっているVtuberについての論考、DLsiteという市場の特性やそれをハックしている作品の分析、「耳舐め音声を公募してよかったものを自分の耳舐め音として認定する」前代未聞の大会を開催したVtuberによるレポ漫画など、おもしろトピックが目白押しです。音楽シーンにおける利用や町おこしへの活用、プラットフォームの問題、メインストリームでの動きなどについてたっぷり語った座談会もあります。

ぼくもメディアのリアリティと身体性から考えるコンテンツの未来について書きました。

キミも『空耳』を読んで同人音声の現在を目撃しよう!

booth.pm (通販はこちら)

最近よかったコンテンツについてしゃべリバー #5

最近触れたよかったコンテンツの話をする Twitter スペース(隔週)「最近よかったコンテンツについてしゃべリバー」第 5 回を 6/21(火)に開催した。 今回の話題は、

  • 両耳でしか聞こえない音(錯聴)
  • 8列の電光掲示板なのになめらかな明朝体を表示する方法、視覚認知とフレームレートについて
  • 金鳥がうったけどウケなかった巨大新聞広告と、金鳥宣伝部が出している宣伝の企業史について
  • 最強でんでんとコンプガチャ、広告のインセンティブについて
  • 水に関する根源的な恐怖を描いた映画

など。コンテンツの話というか好き勝手適当な話をする場になりつつある。

次回は7/5(火) 22:00-の予定。

両耳でしか聞こえない音

  • 立命館主催で錯視の研究者が集まって自慢の錯視を披露しあう会があるらしい

  • 北岡明佳:錯視会の有名人

    • 北岡さんのページHPの注意:このページには「動く錯視」(静止画なのに動いて見える錯視)が含まれています。現在まで錯視が人体に有害な影響を与えるという証拠はありませんが、車酔いなどを起こしやすい方はご注意下さい。万一気分が悪くなりましたら、速やかにこのページから退去して下さい。
  • 錯視・錯聴コンテスト

    • 2021 のグランプリがすごい(片耳ずつでは数学的にもただのホワイトノイズだが、両耳で聞くと聞こえる音)
    • www.psy.ritsumei.ac.jp
  • 両耳性相関

    • http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/sakkon/sakkon2021_niimi(revised).pdf
    • youtu.be
    • きらきら星が聞こえる
    • 基本原理:
      • 同じホワイトノイズを両耳に流す
      • フーリエ変換し、片耳のある周波数帯(高さ)のノイズだけを別のノイズを元に作ったノイズと入れ替える
      • 実際にその高さの音が鳴っているわけではないが、「この周波数帯だけ左右で音が違う」ことを脳が認知し、その音の認知を作り出してしまうらしい
    • 応用:
      • 基本原理では単音だったが、これをいろんな周波数帯でやる
      • 作りたい音源をフーリエ変換して各時間の周波数成分を計算する
      • 片耳のノイズでだけそっくりその周波数成分のノイズを別と入れ替える
    • 耳ってフーリエ変換してるんですよね

8列のドット電光掲示板で明朝体を表現する

    • 1 ドットに 4 ドットぶんの情報を時間で切り替えることで詰め込むアイデア
    • 一時停止すると文字が崩壊している
  • 『脳の中の幽霊』

  • ソースが 8K の映像を 4K で表示するときに……とか、高画質だとどうなんだろう

    • なんか名前ついてる技術なのかな(やってることあるのかな)
  • (ツリーを見ると)シャッタースピードなどの兼ね合いで撮影がうまくいかないっぽい

  • 関連:シャッタースピードと同期してしまうもの

    • このまえ、街ロケ番組を見ていたら LED 信号機が異常点滅していた
    • 信号機が 100Hz(関東)、カメラが 30Hz ないし 60Hz なので、10Hz のウソ周期が見えるっぽい
    • ヘリコプターのプロペラを撮影したら同期してゆっくりに見えたり逆回転に見えるアレ
    • 関西では信号機が 120Hz なので、カメラにうまく映らないことがあるらしい
    • ドライブレコーダーで信号判定したいとき 25fps や 30fps では関東・関西どっちかで信号が見えないことも?
    • 事故のとき判定に困るので、27.5fps のカメラを売っている業者がいるらしい
    • まあ27.5Hzでもチカチカするんですけどね

キンチョールと新聞広告

  • いま、いいよね。一方通行の新聞広告(昔バズったやつ)

  • で大きくバズったキンチョール金鳥が、新しい新聞広告をやったが、今回は鳴かず飛ばずだった

    • はじめは一面広告で「ムシューダの宣伝はもっと小さくできるんじゃないか」「スペース 1/3 にしてみます」という広告部内のやりとりを広告化
    • 二日目は 1/3 サイズ
    • 三日目は一面のほんの小さなスペースに QR コード
    • QR コードにアクセスするとインスタグラムが起動し、紙面を撮影しようとするとフィルタ機能で機能で巨大な仮想の見開き広告「ムシューダ 検索」がカメラ上に展開される
  • 手続きが多すぎるしオチの見開き広告のパンチも弱かった

    • せっかく仮想なんだし紙面じゃなくて立体物とかでもよかった感
  • ユニクロの三段広告(こっちは同日での三段落ち)

  • 金鳥は広告にかなり力を入れている会社であり、これからも実験的な広告をやってほしい

  • 広告ウォッチャーとしては加藤誠也さん(@adbrex_)、広告を見るYAKISOBAさん(@burnsoba_outsid)がおもしろい

広告を見ることをインセンティブにする話

  • 広告を見るのってイヤだよね!が前提な時代

    • YoutubeYoutube広告で「Youtube Premiumに加入すると、広告を見ずに快適」みたいなのを出しており、お前じゃい!と思う
    • じゃあどうすんの
  • ネガティブ(広告を避けることをゲーム性にする)

    • ゲームでミスると広告が入る、ミスらないとノー広告?
    • これによって広告閲覧が増えるとは思わないが、皮肉な構造になっている
    • 規約的に大丈夫なんか?
  • ポジティブ(広告を見ることに利益を与える)

    • 最強でんでん
    • 広告を見るとゲーム内アイテムがもらえる
    • note.com
    • メンテが長引くと自動的に報酬が増えるシステム(詫び石の自動化)
    • 最強でんでん、広告を見ることの報酬なのをいいことに、コンプガチャをやっているらしい
      • コンプガチャとは、あるガチャの大当たりを複数種類そろえる(コンプリートする)ことでレアアイテムがもらえる仕組みのもの
      • 人間の射幸心を煽りまくるため消費者法で禁じられているすごいガチャ
      • 金がかかってない広告ガチャならなんぼやってもええんや!(?)
  • お笑い芸人のラジオのネット局アプリ「GERA」

    • 主に若手お笑い芸人による番組をいくつか抱えるネットラジオ
    • 応援ボタンを押して15-30秒程度の広告を見ると収益がパーソナリティに入る?推し活機能がある
    • 番組内でスポンサーで読み上げてもらえるスポンサー権を発売している
    • 3000 円くらいだったかな?
    • 人気になるとスポンサー読み上げタイムが異様に長い番組も(弊害)

THE MAKING、復活しましたね!

ほか

  • 脳波測定の黎明期とアヌビス神

  • はい、泳げません

    • hai-oyogemasen.jp
    • 泳げない人が泳ぎを教わる映画(エッセイが原作)
    • コメディのはずが...
    • 変な映画
    • 人間の水に対する根源的な恐怖
    • 綾瀬はるかのセリフが文語的でおもろい
    • 主人公は哲学の教員、國分功一郎が哲学監修
  • 関連:田馬列島

最近よかったコンテンツについてしゃべリバー #4

最近触れたよかったコンテンツの話をする Twitter スペース(隔週)「最近よかったコンテンツについてしゃべリバー」第4回を 6/7(火)に開催した。 今回の話題は、

  • コロコロコミックで連載中の時間まきもどし漫画
  • マインクラフトと世界の果ての話
  • ちゃおランドで公開されている岬かいり先生の女児向け社会派ホラー漫画とシンボル
  • ニチアサ子供向け番組のガジェットの時代変化と、玩具販売戦略
  • 中国 Web アニメ発の写真をテーマにしたバディもの、時光代理人
  • ヨーロッパ企画がフジテレビで出していた時間もの短編ドラマ

など。

第5回は 6/21(火) 22:00-の予定。

運命の巻戻士

  • 運命の巻戻士:コロコロコミック連載中の時間 SF 漫画。主人公の時空警察特殊機動隊の新人・クロノが過去にタイムトラベルし、何十・何百回も巻き戻して試行錯誤することで突破口をみつけ、不慮の事件で亡くなった人を救う時間ヒーローもの。
  • 倍速の次は巻き戻しで!
  • 藤井太洋経由で知った
  • 巻き戻しって死語で、早戻しらしい!
  • なぜか「すでに決まった未来を変えられる確率は 100 万分の 1 とも言われています!」
  • 諦めて「死ぬ間際での幸せ」を満喫させようとしたらそこに突破口が... 的なエモ展開も
  • 小さなパッチを当て続けるだけでは問題は解決しない!(100 万分の 1)
  • 毎回ボロボロになる(脳にすごい負荷がかかるらしい)
  • 子供むけなのでハッピーエンド・安心感
  • ドラスティックな解法(見開き)で切り抜ける!

マインクラフトと世界の果て

  • 最近話題のぷにるはweb限定連載であり、本誌には載ってないらしい
    • 本誌には人気ゲームをモチーフとした作品が人気を集めているらしい
  • マインクラフトをテーマにした「MINECRAFT~世界の果てへの旅~」が連載中
  • そういえばマインクラフトって世界の果てはどうなってるんですかね(上の漫画は誰も読んでなし)
    • 基本的に自動生成されるので果てはないが、かつてはずっと同じ方向に進み続けると世界がバグる果てがあったらしい
  • 果てはファーランドと呼ばれている
  • 果てを目指してずっと歩いていたプレイヤーがいるらしい
  • バージョンアップで果ては失われたらしい
    • いい話やね…
  • 漫画のタイトルではまだ果てを目指しているんだよな…(上の漫画は誰も読んでなし)

時光代理人

  • bilibili 動画のアニメシリーズ。写真が撮られた瞬間に(写真を撮った人に憑依する形で)介入できる/写真の周囲の情報がわかる特殊能力をもった主人公トキ・ヒカルの二人が経営する写真館に、時間にまつわる依頼が舞い込んでくる。海外ドラマ的な脚本。昔の新海誠まわりのスタッフが多く参加しており、映像もいい
  • 一話にめちゃくちゃ「雲の向こう、約束の場所」(秒速 5 センチメートルの前のやつ)の頃の新海っぽいシーンがある
  • ストーリーがしっかりしており、おもしろい

ヨーロッパ企画の時間もの

ちゃおランド「岬かいり」作品について

  • 常識とは何か・社会派ホラーの人
  • 見開き 8 ページの短い作品3作を読んでびびって欲しい
  • ciao.shogakukan.co.jp
  • 「笑顔の世界」がインタ〜ネットでバズっていた
    • いじめられっ子が脳手術して痛みを快感に感じているので、みんな幸せだよね!という作品
    • 主人公はその歪んだ社会に耐えられない!と思っているが、一方で気づかない偏見も持っており...
  • 口裂け女
    • 子どもたちもみんなマスクをつけている、人の顔を見たことのないポストコロナの口裂け女の話
  • 近作「魔法の蛇口」
    • 食糧難の時代、実家に山を持っている主人公だけは食うのにこまらず、健康に暮らしている
    • 「魔法の蛇口」はなんでも願ったものが出る蛇口だが、願ったものは近くから引き寄せているものらしい...
    • 猿の手の類型(願いは叶うが、かなり後味が悪い方法である/願いの本質は叶わない)
    • 「蛇口」モチーフに、無機的でひねればいくらでも水が出るように意識される一方で、水源-水道という巨大で共用のリソースをじゃぶじゃぶ使っているという。「無意識な収奪」の強い意味性がある

カルテット・ダンス

  • 文学フリマで偶然みつけた日常の謎ミステリの同人誌
  • プロミステリ作家市川憂人の同人作品、あったんだ(「ジェリーフィッシュは凍らない」などの人)
  • 元東大文芸サークルの新月お茶の会の人
  • 1999 年を舞台にしたキャラクターのたった日常の謎、かなり時代は感じるが...
  • 同人で知ってる人からは逆に「ライトめのイメージあったけどわりと硬派にデビューしたんだ」という感想が

ドンブラザーズなど特撮とガジェットの話

  • 昔話モチーフのドンブラザーズの「真実の姿が見えるサングラス」は、狼の眉毛という民話がもとではないか
  • シン・ウルトラマンを見てからアマプラで近作を見たが、ガジェットの質が変わっているように見えた
  • 一時期から子どもむけ特撮に共通してガジェットにコレクション要素が増えたらしい
    • 属性
    • 過去シリーズのヒーローの力が封じられた?何か
    • ガイアメモリ
  • ゼイリブ
  • おもちゃ戦略と脚本の相互作用、ありそう〜 そういう話読みたいね