井戸とグーグルホームの話

堕落のすすめ

 水道が普及するまえ、井戸を使っていた人々は、毎日家から離れた井戸まで水を汲みにいっていたわけである。たぶん彼らはそれを「めんどくさい」と感じていたとしても「不便」とは感じていなかったんじゃないか、と私は思っていて、生活に絶対必要な動作に不便もクソもないからである。
 ただし、水道が普及したとたんに「水道がないのは不便」になるわけだ。

 私は半年ほど前からGoogleスマートスピーカーグーグルホームを使っていている。最近よく「グーグルホームがないのは不便」と感じるようになってきた。

 井戸が水道への転換は、たくさんの人々を日々の苦役から解放した偉大な進歩だったことと思う。水道の普及は、無駄な時間、無駄な労力を軽減したのである。
 グーグルホームは違う。日常に実は存在していた、しょーもないささいなコストが軽減されるだけである。しかし、これらのコストはひとたび軽減された後は、水道に慣れると「井戸は不便」と思うようになるのと同じく(?)、しょーもないささいなもののくせに、日常生活でその存在/非在を主張するようになってしまう。

 これから話すのは、スマートスピーカーによる堕落のすすめである。
f:id:xcloche:20180704122657p:plain
クソデカいマカロン

失ってはじめて気づいたんだ、○○がコストだったこと

 グーグルホームを使うようになって気づいた、日常生活にひそむ「実はコストだったこと」を、改善されてよかったな〜順で挙げてみる。

  • 照明や家電をリモコン/スイッチで操作すること
    だいたいリモコンやスイッチを触っているときって、「リモコンやスイッチで操作する」以外のことはなにもしていない。あたりまえじゃんって思うかもしれないけど、これってそこまであたりまえではなくて、「そろそろ眠くなってきたなあ」と思ったときに布団の中でスマホいじりながら照明を落としてエアコンを切ることができる。「ながら操作」ができるのはスマートスピーカーの重要ポイントのひとつ。

  • 料理中にタイマーをしかけること
    包丁で何かを切って鍋に投入してタイマーをセット……とか、調理しているときというのはだいたい手がよごれていて、いったんタオルで拭いてからタイマーの操作をするものである。「オッケーグーグル、3分タイマー」と言うだけだと、手を拭かなくていい。

  • 目覚まし時計をセットすること
    目覚まし時計の時間のセットってめんどくさくて、「分」とか「時」とか書いたボタンを大量に押す必要があったりする。特に昼寝したいときにいつもの朝向けの設定から変えるのは億劫である。
    グーグルホームなら、「オッケーグーグル、七時半に起こして」って言ったら一発である。
    あと、目覚ましをしかけてたのに起きたら時間過ぎてて目覚ましもなぜかオフになってる(寝ぼけて切って二度寝して忘れてる)やつが、グーグルホームのアラームにしてからはなくなった。こいつを止めるにはスイッチは存在せず「オッケーグーグル、止めて」などと発声する必要があるのだが、意外とこの発声が覚醒に役立つらしい。
    ちなみにその前は目覚まし時計を高いところに置くなどの工夫をしていた(この場合、立たないと止められないため)。

  • 朝おきて時計を確認するために目をあけること
    時計を見るのって目をあけないといけないんですよ。知ってました? 起きてすぐって目を開けるのつらいけど、でも今何時か知りたいから時計を見たい。ジレンマですね。配置によっては体の向きも変えないといけない。メガネをかけなきゃいけない人だっているでしょう。
    「オッケーグーグル、今何時?」だけで目をつむったまま時間がわかる。そう、グーグルホームならね。

むすび

 これを読んだ人もまだそんなのは別にコストじゃないじゃんと思っているかもしれないけど、実際使ってみて「これ、やらなくてよかったんだ!」と気づいたらもどるのが億劫になる。
 世の人が気づいていない「不便」を見つけて解消する発明って大事だなあ、なんて殊勝なことを考える。ここに挙げたのはしょうもないものばかりだし、よく記事で紹介されてるものにも生活を一変させるようなのは何一つないけれど、いくらしょうもないコストでもそれが減るのは人生を豊かにする……かもしれない。
 あと、うちの照明やエアコンはスマート家電なんて上等なものではないので、Google Home からの出力を IFTTT(いろんなサービスを中継するネットサービス)で受けて、ラズベリーパイ(ちっこいパソコン)とIRmagician(パソコン用の赤外線リモコンキット)を組み合わせたのに送り、そこから操作している。
 持っていると「これ実は音声で操作できるようにしたら楽なんじゃないの」とアイデアがわいてきて、自分でスクリプトが組めるなら、精度のいい音声入力ガジェットとしていろいろ遊べるいいオモチャだと思う。だらけるためには、多少のめんどくささは我慢。